脱衣所の床の修理(水漏れ)

先日、脱衣所の床が腐っているとのことで、床の張り替えに行って来ました。

床は築年数から考えられないくらい朽ちています。

何かの原因で床下に水が溜まっているはずです。

床を開けてみると…

やはり水が溜まっている状態

脱衣所は洗濯機パンもあるし、洗面化粧台の水道管、排水管、そして浴室の水道管、排水管が密集している場所なので水のトラブルが非常に多い場所です。

洗濯機パンの排水からの水漏れだと過去記事にもある通り、被害が大きくなります。

キッチン辺りも床鳴りを起こしていたので、当初は洗濯機パンからの排水が原因じゃないかと考えていましたが、床を開けてみるとそれほど水は広がっていなく、ちょっと一安心(笑)

しかし、原因を見つけないと床を貼ることができないので調査継続です。

開けた様子や経験則から、浴室のタイル下にある防水が切れているのだろうなと、ドライヤーで床下を乾かし浴室の水を出し続けてみましたが、いっこうに水が染みてくる様子もなし。。。

あれ?

原因が特定できない。

このままだとクッションフロアも貼れない。。。

さすがにちょっと焦り始めましたが、ありました!

今回の水漏れの原因は初めてのケースでした。

なんと、ユニットバスの折戸の下に換気用ルーバーがついているのですが、そこに水をかけてみると、ジャバジャバ水が出てくる。。

どうやらルーバーが逆についてる様子。

念のため、他の部屋の方に協力してもらい確認してみたら、やはり逆。。

ご協力いただいた部屋の浴室折戸の画像がこちら。

小さな取ってが逆を向いています。

こんなこともあるのかぁ。

過去に面材等を交換したことがないとのことなので、製品の製造行程ミスだろうと思われます。

原因がわかればそれを直して床を貼るだけ。

少し焦りましたが、無事作業終了です。

ついでに洗面化粧台の蛇腹の排水管が短かったので交換しておきました。

短いと排水がオーバーフローして大惨事になることがあります。

リフォームをしていると、思いがけないことに直面するので面白いですね。

「脱衣所の床の修理(水漏れ)」への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます。
      工事は一人で行っていないですよ。グループを作って各専門分野で工事を行っています。

      また、ちょっとした業界の話ですが、現場に入るときは2人以上で行動するようになってきていると思われます。
      (以前、病院の工事に入ったときに元請の現場指導者が2人以上で行動するようにと朝礼等で呼びかけていました。)

      現場では危険な道具を扱ったり、人体に影響のあるものを使用したりするため、万が一の時、人を呼ぶため措置です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA