屋上タンク ボールタップ交換

屋上タンクのボールタップ交換を行いました。建物に行ってみると、ボールタップが機能していなくタンクから水がオーバーフローしていました。

一般の方はこういった修理はすぐにできると思うかもしれませんが、資材が特殊なものは県外に取り寄せる必要があり、時間を要するものもあります。

資財を県外に取り寄せる場合、1~2週間は待ちます。

また、なかには受注発注といった製品もあります。

その場合、1カ月程度は待たないといけません。

もちろん、その時は県内在庫で代用できるものを勧めます。

今回の場合は県内在庫でありましたが、依頼を受けた日は日曜日で資材屋さんがお休みのため、日を改めて交換を行いました。

さて、当初はすぐにボールタップ交換は終了する予定でしたが、既設のボールタップの取り付け位置が通常施工位置より遠く、予定時間を超えてしまいました。

本来、ボールタップはストレーナー掃除のため、タンク蓋の近くに設置する必要があるはずなんですが、作るときは修理のことをあまり考えないですからね…。

一応、どうにか試行錯誤しながら全戸断水をせずに取替えは完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA